EV認証SSLに対応しました ソーシャル問題解決システムsekasuku

ユーザー各位

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』が最高レベルのEV認証SSL(認証レベル3)に対応しました。

アドレスバーに緑色で[ Shimadakiko Ltd. [JP] ]と社名が入るようになりました。

Before
before_https

After
after_https

 

このアドレスバーに緑色で社名が入る認証はEV認証(EV:Extended Validation)と呼ばれ、もっとも厳格で高度な認証方式です。

認証組織による審査、会社定款の提出、司法書士による追認および電話確認により、弊社が法的・物理的に実在しているか、代表取締役の私が在籍しているかの確認が行われました。

https://ssl.sakura.ad.jp/attestation_level.html#target_ev

 

審査が厳格であるため証明書の発行まで時間がかかりましたが、緑のアドレスバーがカッコいいので。

ではなくて、ちゃんとした会社が運営していますよという証です。

認証料金もなかなかかかるので、ページを大量生産する詐欺サイトではマネのできない認証レベルです。

モンドセレクションの金賞より価値が高いと思います。

もちろんSSL(TLS)のもうひとつの目的である通信の暗号化についても最強レベルなので、安心して接続してください。

 

では、引き続きsekasukuをよろしくお願いいたします。

 

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
正式オープン:未定(ユーザ限定受付中)
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: https://sekasuku.com

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com

未来構造ツリーが作れるようになりました ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』

ユーザー各位

 

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』上で未来構造ツリー(FRT)が作れるようになりました。

 

この未来構造ツリー(FRT)は、作ってるとウツになってくる現状問題構造ツリー(CRT)と違って、明るい未来を描くことができる、とても楽しいツールです。

未来構造ツリーの図

 

対立解消図(CRD)で考えたインジェクション(解決策)を実行することで、本当に問題が解決できるのかな?と思った時や、思いついたアイディアを実行すると、どうなっていくかを検討するツールです。

現状問題構造ツリー(CRT)では望ましくない結果(UDE)をつなげてツリーにしていましたが、未来構造ツリー(FRT)では望ましい結果(DE)をつなげてツリーを作ります。

DEは素敵で楽しいことばかりなので、それが連鎖していくツリーを作っていると楽しくなってくるのです!!

 

考えたインジェクション(解決策)で問題をぜんぶ解決できるのか、インジェクションを実行することで新たな問題(UDE)が出てきたらどういうインジェクションを対策として当てるのか、事前に検討することができます。

悪循環の反対の”良循環”をツリーに設計することで、良い結果がますます良い結果を生んで行くように洗練することができます。

洗練されたインジェクションを実行することで、どんな良い未来になっていくのかを関係者にプレゼンして、仲間を増やしていきましょう。

 

では、引き続きsekasukuをよろしくお願いいたします。

 

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
正式オープン:未定(ユーザ限定受付中)
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: http://sekasuku.com

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com

sekasukuの対立解消図が読みやすくなりました ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』

ユーザー各位

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』上で対立解消図(CRD)の「インジェクション」を読みやすくなるように、仕様変更しました。

 

 

旧インジェクションはTOC思考プロセスの教科書などに載っているものを模したもので、BとD、もしくはCとD’の間の矢印線に置ける仕様となっていました。

crd_old
旧インジェクションの図。教科書どおりだが、何が言いたいか分かりづらい。

 

 

しかしインジェクションは、このインジェクションを対立するDとD’の代わりに実行することでBとCの要求を両立させてDとD’の対立を解消するものなので、BとCどちらにも矢印線をつなげて対立を表すイナズマ線の上に置いて対立が消せる仕様とし、表現力を高めました。

crd_new
新インジェクションの図。BとCの要求を両立し、DとD’対立を消していることを表す。

 

一部の思考プロセスに慣れた方が、このような対立解消図を作っているのを見かけたため良い表現方法だと思って採用しました。

 

旧インジェクションのオブジェクトは強制的に親オブジェクトへ変換していますので、すでに対立解消図を作っている場合は矢印のつなぎ直しをお願いいたします。

 

引き続きsekasukuをよろしくお願いいたします。

 

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
正式オープン:未定(ユーザ限定受付中)
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: http://sekasuku.com

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com

ツリーが読みやすくなりました ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』

ユーザー各位

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』上で現状問題構造ツリー(CRT)を作成する際に矢印線を反対向きに書いてしまう人が多かったため、読みやすくするために「したがって」という文字がツリー矢印線の横に表示される仕様変更をおこないました。

 

Image3
ツリーの矢印線に「したがって」と表示される例

 

通常時に表示されると見た目が煩雑になるので、マウスホイールでツリーを拡大した時のみ表示されます。

思考プロセスのツリーの読み方に慣れている人でも、「したがって」が表示されているほうが読みやすいと大好評です。

引き続きsekasukuをよろしくお願いいたします。

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
正式オープン:未定(ユーザ限定受付中)
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: http://sekasuku.com

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』β版のユーザ登録受付開始

報道関係者各位

シマダ機工有限会社(機械部品製造業)は、「WebでTOC思考プロセスのツリーを作成してグラフィカルに議論と問題解決ができるソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』」のβ版を公開し、ユーザ登録の受付を開始しました。

『sekasuku』サービス概要

従来のQ&Aマッチングサービスやキーワード検索などでは解決することができないような難しい問題を、TOC思考プロセスという問題解決の専用ツールと、トーキングスティックという議論をコントロールする仕組みを使うことで、効果的に問題解決できるようにしたオンラインマッチングサービスです。

問題の一覧画面
問題の一覧画面
TOC思考プロセスのツリーを作成して問題解決に取り組んでいる例
TOC思考プロセスのツリーを作成して問題解決に取り組む例

本サービスは、以下の様なユーザをターゲットとしています。

  1. 従来のQ&Aマッチングサービスやキーワード検索では問題が解決できない個人ユーザ。従来Q&Aサービスと同様に質問を投げかけると、TOC思考プロセスに基づいた効果的な解決方法を教えてもらうことができます。
  2. 会議室でホワイトボードを使って経営会議、営業会議をしている企業ユーザ。ホワイトボード面積の制限なしで、会議室に集合しなくてもTOC思考プロセスを使った効果的なオンライン会議ができます。
  3. 社会問題や政治問題の解決に興味を持つユーザ。社会問題の構造と解決方法を理解しやすいTOC思考プロセスのツリーでインフォグラフィック様に表現し、シェアして共通認識にできます。政治家のマニフェストが社会問題の解決に効果があるかを検証できます。

 

議論した内容はクラウド上のサーバに保存されるため、インターネット環境があればどこからでも議論や管理が可能で、シェア、コンテンツ化が容易にできます。

一般のSNSと同様、公開範囲を設定するプライバシー管理の機能があります。
サービスの登録は無料です。将来的にお礼ポイントや広告による収入を予定しています。
開発途中ではありますが弊社社内での問題解決に効果をあげており、一般ユーザの利益に資する可能性が有るためβ版としてユーザ募集をします。

開発の経緯

弊社のような製造業では生産工程の改善や経営の改善などでよく使われる「TOC思考プロセス」ですが、この問題解決手法で分析する場合はコンサルタントと一緒にホワイトボードや模造紙に付箋を貼って分析することが多いです。問題が多くなってくると付箋やそれをつなぐ線がゴチャゴチャして問題解決がめんどくさくなってきます。広い会議室にみんなが集まって分析するというのもイベントっぽくて良いのですが、Webで出来たら良いなというのが開発動機です。社会問題もみんなで解決できたら面白いかと思って「ソーシャル問題解決」というSNSのスタイルにしました。sekasukuという名前は、社会問題を解決してsekaいをsukuおうという中二病的なアレです。

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
受付開始日:2016年08月01日
正式オープン:未定
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: http://sekasuku.com

 

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com